読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけものの全力

なまけものが頑張ってみるブログ。DIYが好き。空き家を改修して、愉快なコミュニティーを創りたい。

大学4年生が暇すぎるので、どう過ごそうか考えてみる

大学三年の春休み終盤、大学三年後期までの成績が開示された。単位取得数の確認を済ます。

もちろん、やることだけはやってきたわたしはフル単であった。

三年後期の終わりの時点で、残るは週一回のゼミのみ。

そう考えると、年間たった14回×100分=約23時間の1日分しか大学に費やさない。

つまり、残りの364日は自由に使えるのだ。なので、残りの364日をどう過ごそうか考えてみようと思う。

暇な大学生でどう過ごそうか悩んでるなら、ぜひ参考にしてはどうだろうか。

f:id:hinokichi:20170326135203j:plain

申し遅れました。電車で通学中、美女が隣に座ってきたとき、申し訳なさを感じます。どうも、大卒フリーランス(仮)のひもりん(@hinokinokibun)です。

 

やりたくないことを考えてみる

時間があるとは言っても、無限にあるわけではない。時間は有限なのだ。

バイトやらで、お金のためにやりたくないことをやっているなんてナンセンス。やりたくないことをあぶりだして、残ったもののなかからやってみようと考えた。 

  1. 立ちっぱなしのバイト
  2. お金のためだけのバイト
  3. 目覚ましで起きる
  4. 満員電車にのる
  5. スーツを着て、営業しまくる
  6. ただ指示を受け仕事をすること
  7. 毎日コンビニ弁当
  8. 欲しいけど買えない生活
  9. ルーティンワーク
  10. 怒られること
  11. 付き合いだけの飲み会

マイナスの感情って、とても大きいエネルギーを持っていると思う。やりたくない!って感情を原動力にして、どう過ごそうか考えるのもひとつの手かもしれませんね。

 

大学生にしかできないことを考えてみる

大学生にしかできないこと。要するに、今しかできないことを考える。

社会人とは違って、自由気ままにチャレンジすることができるのは大学生の特権である。

自分は何が好きで、何が得意でハマってしまうのか、将来何をしていきたいのかを発掘することが大学生活でやることだとわたしは思っている。

とくにやりたいことがない人は長期スパンでしか、経験できないことをやっておいたほうがいい。

典型的なものであれば、旅行やインターン

「いや、あんまり興味がない。」そんなこと言う前にやることないなら行ってほしい。

そのほかにも考えられるもので言えば

  1. イベントに参加してみる
  2. 行ったことない地方に住んでみる
  3. 本を大量に読む
  4. バカやってみること

大学生のあいだに、たくさんの情報・価値観にふれることで今後の人生に大きく影響を与えると思っている。成長もそこでしかできない。

学生という特権を使うと、なぜか大人に可愛がってもらえることも多い。使えるものはガンガンに使っていかないともったいない。

知らないことに飛び込むことは勇気のいることであるが、失敗しても若いんだから、何回でもやりなおせる!

 

やってみたいことを考えてみる

わたしは呆然とモノづくりが好きであった。文章を書くのも、料理をするのも、木を使って何かをつくるのも、自慢できるほどではないが好きなのは確かである。

でも、将来的に「これだっ!」ってなるものはいまはない。

だが、ブログで発信し続け、オモシロそうな人と会ってみたり、ワークショップのお手伝いに参加してみて、こんな生き方もありなのかなと、以前に比べて見つかってきた。

いまの段階でなにがやりたいのか整理してみようと思う。

  1. 自分を発信し続けて、 インフルエンサーになってみたい
  2. 同じ方向を向いている人達があつまるコミュニティをつくってみたい
  3. 困っている人に何か協力できるような人になりたい
  4. あの人オモシロいなって言われるようになりたい
  5. 論理的思考を極めてみたい
  6. 自由気ままに生活してみたい

大きいところでは、こんなもんでしょうか。書き出してはみたものの、正直言って不安で気持ちがいっぱいです。

でも大丈夫、なぜならわたしはまだ若いから失敗し放題!

 

どのように1年間過ごそうか考えてみる

 わたしは1年後、大学を卒業することとなる。1年後どうなりたいのか、それまでどうやって過ごしていこうか、考えてみようと思う。

【2018年4月の目標】
  1. 大学生ブロガーの仲間入り。
  2. ゲストハウスを自分の手で作る。
  3. 同じ属性の仲間で囲まれている。

4月:先駆者の下で、経験を積む

5月:先駆者の下で、事業を手伝う(手伝いたい)

6月:物件を探しながら、外部との交流を深めていく

7月:ゲストハウスの設計、資金調達

8月:施工法の習得と資金調達

9月:ゲストハウ施工開始

10月:ゲストハウ施工完了、運営

11月:知り合った人と特化型ゲストハウスの計画

12月:特化型ゲストハウス設計、資金調達

1月:特化型ゲストハウス施工開始

2月:特化型ゲストハウス施工完了

3月:新たに事業計画

ざっとこんなものだ。同時にブログで情報発信していくのも考えている。

ゲストハウスを通して、わたしの研究テーマである空き家の活用方法にも反映させていきたいとも思っている。

大学生のみんなに伝えたいこと

少しでもやってみたいと思ったら、とにかくまずはやってみることだ。

バイトでもサークルでも、ゼミも就活でもいい。

やりたくないなって思ったらすぐに辞めればいい。ここで大事なのはきっぱり辞めてしまうこと、だらだらやったら時間の無駄。

 

やりたいことをやっていく上で、他にやってみたいことが見つかることもある。

見つかったならそれをとことこんやってみたらいい。

 

「まじでやることないんすけど」って困ってる人は、力になれるか分からないが相談にのります!twitterでもfacebookでもお問い合わせフォームからでもいいから、悩んでいることがあったら吐き出してみよう!