読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なまけものの全力

なまけものが頑張ってみるブログ。DIYが好き。空き家を改修して、愉快なコミュニティーを創りたい。

ひもりんのプロフィール

f:id:hinokichi:20170314150754j:plain

こんにちわ。当ブログの著者・檜森和也(ひもりん)のプロフィールです。

 

ざっくり、略歴と紹介

1995年、神奈川生まれ。一人っ子。おうし座A型。21歳、建築専攻の大学生。

 鼻炎。そばアレルギー。タイのハーフ。身長180cm。

 

過去の経歴

田舎のガキ大将だった小学校時代

食べては寝、食べては寝。いつの間にか、背の順で一番後ろにいた。もちろん綱引きでも一番後ろだった。

一人っ子だったせいか、親からめちゃ可愛がれて育った。そこから生まれたのは、寂しがり屋わがままモンスター。

一人でいるのは大っ嫌いなのに、友達と遊ぶときは自分の思い通りにならないと気が済まない。超絶めんどくさいタイプだったと思う。

小学校時代、友達だったみなさんごめんなさい。もうしません。

 

言いたいことが言えない中学校時代

中学から地元の野球クラブに入った。これがまたキツかった。ハードなトレーニングと練習の毎日を送っていた。

正直言えば辞めたかった。辞めたら辞めたで友達にイジられるのも嫌だったし、そもそも辞めるって言える根性がなかった。

やる気もなく、嫌々やらされた中学野球時代を送った。

それでもなんとか体型だけで乗り切っていった。学年が上がるにつれ、そのハンデもなくなり、徐々にクソ野郎になる。

もし人生をやり直せるなら、ここからだといつも思っている。

 

突然、意識高い系になった高校時代

中学まったく遊べなかった反動から、一番ユルそうで楽しそうだったダンス同好会に入部。

せっかくやるからには徹底的にやるタイプだったので、同時にダンススクールにも通い始めた。

ダンス漬けの毎日を送り、横浜のパシフィコで踊ったこともある。朝から夜遅くまでめっちゃ楽しかった。

高2の夏から将来のことを考え始める。志望していた大学は早稲田大学。友達と遊ぶことも辞め、ダンスが受験勉強に変わっていった。

遊んでるやつらに付いていっても、どうしようもない。そんなことで意識高い系が形成されていった。

そもそも好きなことしかやってこなかったので、早稲田も当然落ちるわな。

よく「踊ってよ」といわれますが、踊らんよ!突然、踊りだすことがあるかもしれないですが、そのときこっそり覗いてください。

 

プライドのかたまり、逃げまくりの大学生時代(前半)

小学生のときの夢だった、建築を専攻する。自分で何かを創ることが大好きで、建築に没頭しすぎた。大学に泊まるのはもちろん、2徹なんかあたりまえだった。

2徹

俗に二日連続で徹夜すること。

 わたしなりに真剣に取り組んで、成績もまずまずだった。賞はとれたことないがコンペにも挑戦していた。

大学生活を有意義に始めることだできたと、この頃は思っていた。

おれってなかなか優秀なんじゃね?

そんなこと思っていた。

何でもできると思い込み、努力をしなくなった。あとから追いつけると思っていたのだ。

あっという間に周りに抜かれ始めた。わたしは「出来る人がいるなら別にわたしがやなくてもいいじゃん」と考えるようになった。

 

つまり、自分ができないことを周りのせいにして、逃げるようになったのだ。

 

 自分にしかできないことやって、ビックになってやる、という幻想に浸りはじめる。

「こうしたらもっとオモシロいのに」そう思うだけで行動に移さない、妄想の日々が続く。

どうにか脱却しようと、ブログ・アフィリエイト・営業・投資に手を付ける。たった1か月程度で芽が出るわけでもあるまいのに、わたしには無理だったわ、とすぐ諦めていた。

なんのやる気も出ず、起きる→youtube→飯→youtube→飯→寝る、たまに大学みたいな生活を送っていた。

まじでクソだと思う。死んでるのと同じぐらいクソ。

 

 

少しずつ行動に移し始めた大学時代(後編)

youtubeを見まくる、クソみたいな生活を送っていた。何千本も見た動画のなかに、わたしに一歩を踏み出す影響を与えてくれたものがある。

 

わたしこの動画で感動し泣いたことを今でも覚えている。

 

これがきっかけで、完全ではないがプライドもなくった。挑戦する勇気をもらった。

 

こういったこともあり、ちょっとした野望もいだきつつ、ブログを書いている。

 

こんなどうでもいいヤツのプロフィール見てくれて、ありがとう!